まずい青汁をおいしく飲む方法

まずい青汁をおいしく飲む方法

青汁を一工夫で美味しく飲もう

青汁は以前に比べるとおいしく飲みやすくなっていますが、野菜の苦手な男性やお子様の場合はまずい青汁!と感じている人も一部にはおられます。

 

青汁によく使われるケールは大変栄養価の高い野菜ですが、独特のくせや風味があるため主成分がケールになっている青汁は苦味を強く感じるという方が多いです。

 

大麦若葉や緑茶、明日葉などが主成分になっている青汁のほうが、やや飲みやすくなっています。

 

人によって野菜の好みが違ってくるので、長続きさせるためには飲みやすい青汁を選ぶ必要があります。

青汁を飲みやすくする工夫をしている人が多いですが、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を青汁に加えると味がマイルドになって飲みやすくなります。
青汁にプレーンヨーグルトや牛乳を入れると甘くなるというわけではありませんが、飲みやすくなるので試して下さい。

 

乳製品が苦手な人は、蜂蜜やオリゴ糖などを青汁に少し加えて飲むようにするととてもおいしくなります。

小さなお子様や大人の方は、おやつや朝食にパンやパンケーキを食べる機会が多くなっているようです。
パンケーキの生地に青汁の粉末を一袋加えるようにして、混ぜて焼くだけなので忙しい人も試してみると良いでしょう。

 

青汁の粉末を加えると生地が少し青くなりますが、一袋加えても味は特に変わることはなくおいしくて栄養の面でも優れたパンケーキができます!
ビタミンやミネラル成分が豊富に含まれているので、栄養満点ですし、蜂蜜などをかけて食べるととってもおいしいです。
青汁入りのパンケーキは生地を混ぜる時に、適量の青汁の粉末を加えるようにするのがポイントです。

この青汁パンケーキは小さなお子様や高齢者のおやつに最適です。
緑茶や紅茶、牛乳や豆乳などとも相性が良いので大変おすすめです。

 

まずい青汁も工夫しだいでおいしい健康飲料・健康食になります!

多くの人が健康に不安を感じているため、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれている青汁をおいしく飲む工夫をしています。最近は、抹茶風味や緑茶風味、レモン風味などのおいしい商品が増えているので、おいしく飲める工夫がされています。

 

青汁はそのまま飲むと飲みにくいと感じている方が多いですが数多くのメーカーで販売されているので、ウェブサイトの口コミやランキングなどを参考に好みの味の商品を見つけやすくなっています。

青汁おすすめランキング

 

青汁はそのまま飲んでもとても健康に良いですが、一工夫して牛乳や豆乳に加えるようにするとカルシウムや鉄分を補給できるので貧血を予防したり、骨粗鬆症などの病気を予防できるなどさらに健康によい飲み物になります。

 

青汁は粉に混ぜることができたり、ジュース類や乳製品に加えることができるので、デザート類やお菓子として食べるのもお勧めしたいです。
お子様には飲みやすいマンゴー風味の商品も販売されているので、ジュース感覚で飲むこともできます。

 

まずい青汁も工夫しだいで毎日続けられるおいしい健康飲料になりますのでぜひ青汁習慣を継続して健康維持に役立ててください。